個人再生の手続きに掛かる費用とメリット・デメリット

個人再生,相談

 

 

個人再生の手続きにはどれくらいの費用がかかるのか?

 

 

個人再生といえばデメリットの一つとして

「手続き費用が高い」というのがよく書いてあると

思います。

 

ではなぜ費用が高いのかということなのですが、

費用が高いということはそれだけお金を消費することが

行われているということになります。

 

つまり裁判所だったり弁護士の手続き、さらに

債権者側も手続きに関して動きますので影響が大きい

ということが言えると思います。

 

個人再生を行うと長い期間手続きをする事になります。

つまり日数がかかるためにその分支払いをする額が

増えていくということになるわけです。

 

そのお金のことについて簡単に説明したいと思います。

 

弁護士法人,事務所

 

 

個人再生手続きにかかる費用とは

 

個人再生は費用が高いというのがデメリットとしても

よく言われています。

 

個人再生には実費(概算)として以下のものが必要です。

 

  • 申立て費用:1万円
  • 予納郵券:7千円
  • 予納金:1万2千円
  • 個人再生委員:15~25万円

 

これくらいは必要となりますので、裁判所に払う額

として考えておいてください。

 

さらに弁護士に依頼することになると思います。

 

この弁護士費用としては以下のものが必要です。

 

平均的な金額を書いてみますので、参考程度に

書くと30~50万程度の報酬を支払います。

 

ですので費用が高いという見解が強いのです。

 

ですので個人再生の手続きをするためには条件と

して仕事をして継続的に収入が入る必要があります。

 

仕事をしているのが条件といっても実はメリットと

考えることも出来ます。

 

司法書士,法人

 

仕事をしなくても債務整理が出来てしまったとして

その後の生活はまたすぐにお金のない状態になります。

 

もし自己破産で借金がなくなったとしてもすぐに

家賃や光熱費を始めお金はすぐになくなります。

 

これを考えると債務整理をしても働いていることが

大きなメリットであり、しかも返済額が1/5になる

為に毎月の支払額に弁護士費用が計上されていても

十分に返済できる可能性があるのではないでしょうか。

 

もし毎月の額が厳しいと思うときには無料で弁護士に相談を

してみてください。お金の支払い方法は聞いてもらえる

ということが良くあります。

 

借金返済/債務整理 相談数ランキング

借金返済,務整理,法律事務所,関東

1379307961UvXVZ_b1Hjx9zzL1379307961

 

女性相談数ランキング 借金返済・債務整理

電話

ランキング

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ