過払い金の請求期限をするならいつまで?時効を知ろう

過払い,期限

 

2015年過払い金の請求期限は重要な情報と

言えるかも知れません。

 

過払い金請求を出来る期間というのがあり

その期間を時効と言います。

 

その時効は最後に取引をした時から10年間

という決まりがありますので、それを

過ぎると請求をしたとしても時効のため

返済しなくても良い、という法律での

決まりがあるということです。

 

 

過払い金請求はどんな人が対象になるのか

 

過払い金が対象になる人というのは今も

借金の返済をしている人も対象になります。

 

ただし過払い金はグレーゾーン金利があった

2010年6月までに借り入れをしていた人が

対象になる方になります。

 

請求,期限

 

現在も返済を続けている方は、現在の時点

でも取引を続けているということになり

時効はまだまだ関係しないと思います。

 

この時効について気にしなければならない

という人は直近10年の間に返済が終わった

という人で、特に10年前近くに借金を

完済したという人は緊急な話です。

 

「もう昔の話だから」とお金のことを

あまりぶり返したくないという人もいる

かも知れませんが、金額的には数十万円

から数百万円の返還になる方までいます。

 

法律上では払う必要のなかった分なので

しっかり返還してもらっても悪いことでは

ありません。

 

 

返還請求の方法とは

 

債権者へ過払い金請求をすることで

返済取引をした内容を確認します。

 

時効

 

それを元に返還に向けての話が始まります。

過払い金請求の手続自体は弁護士または

司法書士に依頼することが確実です。

 

手続きも専門知識が必要ですし、何より

債権者が簡単に全額返金をすることは

そう簡単ではない場合があります。

 

最近では多くのケースが、和解提案という

形で「全額返金は出来ないけれど7割程度の

金額くらいでどうでしょうか」といった

提案という形で返事が来るケースが多いです。

 

その後訴訟を起こすのか、提案に対して

承諾をするのかの選択になることが多いです。

 

この判断は専門家のアドバイスが大きく関係します。

過払い金に強い弁護士を紹介していますので

一度ご確認されてはどうでしょうか?

 

 

借金返済/債務整理 相談数ランキング

借金返済,務整理,法律事務所,関東

1379307961UvXVZ_b1Hjx9zzL1379307961

 

女性相談数ランキング 借金返済・債務整理

電話

ランキング

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ