過払い金請求には時効があります。消滅する前に請求を

過払い,時効

 

過払い金請求の時効について詳しく調べてみました。

 

過払い金がもし発生しているとしたら返還請求する

ことで法律で払い過ぎと見なされていた分を返還

してもらうことが可能になっています。

 

もし返済が既に終わっている場合でも10年以内の

話であれば過去にさかのぼって過払い金請求を行う

ことができるというわけです。

 

なぜ10年なのか?ということですが、それは時効と

いう法で定められた期間が儲けてあるからです。

 

過払い金請求では10年という設定なのですが、

他にも銀行からの貸付・友達からの借金・

タクシー代の支払い・退職金など様々なお金の

取引には時効というのが定まられているケースが

ほとんどです。

 

10年経てば返還しなくてもいいので借金は消滅

するために消滅時効とも呼ばれています。

 

過払い,消滅

 

 

消滅時効はいつからカウントするのか

 

法律で定められた消滅時効というのは取引をした

最後の日から10年間と決まっています。

 

もし友人にお金を貸している側からすると貸した

時から10年間と思いがちですが、実は取引の最後

から10年となっていますので、催促をした日から

10年と数えることができます。

 

時効には年数の定めもありますが内容によっても

案件ごとに細かい制約があることがありますので

よく専門家に確認しておく必要があります。

 

過払い金請求でメリットといえるところは、

返済済みの借金に関しては請求をしても

ブラックリストに載せられることがないので

ある意味気軽に請求できるということです。

 

消滅時効

 

 

時効ぎりぎりになっている場合

 

2015年は消滅時効にあたる人が多い年と

言われています。もしかすると時効寸前

というところで気がつくかもしれません。

 

過払い請求は弁護士などに依頼をするのですが

手続きには日数を要します。

 

過去の取引履歴を開示してもらうにも

時間がかかりますので、もしぎりぎりの際は

催促をする書面などの送付で時効期間を

一時的に止めることなどが可能です。

 

過払い金に関しての相談を早めに行いましょう。

評判の高い法律事務所を紹介しています。

 

借金返済/債務整理 相談数ランキング

借金返済,務整理,法律事務所,関東

1379307961UvXVZ_b1Hjx9zzL1379307961

 

女性相談数ランキング 借金返済・債務整理

電話

ランキング

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ