自己破産の依頼にかかる弁護士費用の相場とは?

自己破産,依頼

 

自己破産をする場合にかかる弁護士費用の金額は

いくら位かかるのか、とても気になりますよね。

 

自己破産を考えるくらいですので、借金の返済の

お金を払うのもきつい状態で高額な費用なんて

払えない!と思うかもしれません。

 

実際弁護士は仕事として手続きをする事になりますし

裁判所の手続きなどでもお金がどうしてもかかります。

 

ではそれでもお金を払うとなるといくらぐらい

必要なのかというのが気になるのではないでしょうか?

 

 

自己破産に必要な弁護士費用とは

 

弁護士の費用というのは基本的にあまり相場の

ようなものはなく各法律事務所毎に料金を

設定しているケースがほとんどです。

 

自己破産,債務整理

 

ですので自己破産をしたという方の情報から

弁護士に支払った金額の統計をとってみた所

 

  • 着手金として20~30万程度
  • 弁護士報酬として20~40万程度

 

といったデータが多いようです。

 

つまり弁護士に40~70万程度を払うことになる

ケースが多いということになります。

 

これは個人が自己破産手続きを行なった場合で

法人などになると倍以上になるケースもあります。

 

 

自己破産の手続きに必要となる費用

 

  • 予納金:1万円~50万程度
  • 収入印紙:1500円
  • 切手代など(予納郵券代):3千円~2万円
  • 弁護士費用:30万~70万

 

特に予納金においては大きく差があります。

予納金の場合は事件の種類によって大きく

必要な金額が変わってしまいます。

 

  • 同時廃止の場合:1万円~3万円
  • 少額管財事件の場合:20万円~
  • 管財事件の場合:40万円~

 

といった金額が一例ですが参考になると

思います。自己破産になると債権者が

抱えている借金の金額と債権者の数など

借金の状況によって大きく変わります。

 

自己破産,相談

 

債務者の財産の金額や持ち物によっても

売却の方法がそれぞれ変わりますので

具体的な見積もりをするためには、現在の状況

というのを弁護士に伝えてみる必要があります。

 

自己破産の手続きを開始する以前の話ですので

相談の範囲となり費用はかからないケースが

多いですので人気の法律事務所へ見積もりを

依頼してみてはどうでしょうか?

 

借金返済/債務整理 相談数ランキング

借金返済,務整理,法律事務所,関東

1379307961UvXVZ_b1Hjx9zzL1379307961

 

女性相談数ランキング 借金返済・債務整理

電話

ランキング

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ